2010年06月08日

Super 80 Proのインストール方法


100608_2007~01.jpg










円高の影響もあってか、かなり安く手に入るFlight1/cookskyのSuper 80 Pro。

ただ、普通にインストールすると、機体を選択しても、
「Error 1001」や「Error 1005」辺りのメッセージが表示されて、
全くもって使えない、という現象に遭遇して、物入れの肥やしとなっていました。

ですが、ある日ふと思いついた方法でインストールすると
使用できるようになったので、その手順をまとめておきます。
※ご注意:
 以下に示す方法は、私の環境では動作した+それなりに以前に
 確認した方法を記憶で書いているので、誤っている可能性もあります。
 その点はご了解ください。

<環境情報>
私は、以下の環境で確認しています。
・Windows7 Professional 64bit
・Flight Simulator X 日本語版 + ACCELERATION

<始める前に>
もし、インストールされた状態のまま、放置しているのであれば、
アンインストールしましょう。

<下準備>
(a)Windowsの設定を変更します。
※Windows7での方法を示します。Vistaだと似た構成だと思いますが、
Windows XPの方は頑張って読み替えてください。
・スタートメニュー→コントロールパネル
・時計、言語、および地域
・日付、時刻または数値の形式の変更
・「形式」タブの形式を「英語(米国)」に変更する。
・「場所」タブの「現在の場所」を「米国」に変更する
・「場所」タブを変更するとOS再起動を促されるので、再起動する。

<インストール>
(b)普通にインストールします
※ここまでは公式のフォーラムに同じことがpostされています。
もし、フォーラムと内容が異なる場合は、フォーラムの内容を優先してください。

< Flight Simulatorを起動>
(c)起動すると、メニューが文字化けしていますが、頑張って、
インストールしたSuper MD 80「以外」の機体で、空港に移動します。
(d)移動後、インストールしたSuper MD 80の機体を選択します。
(e)すると、モジュールのロード許可を求めるダイアログが
表示されるのでOKを押します。
(f)ここで、エラーが表示されずに空港に戻ってきて機体を操作する
ことができれば、成功です。
(g)Flight Simulatorを終了します。

<後始末>
(h)最初に変えたOSの設定をもとに戻します。
(i)OSを再起動し、Flight Simulatorを起動し、Super MD 80の機体を選択して、
空港に移動すると、普通に操作可能な状態になっているはずです。

ということで、長くなりましたが、以上の手順で使用できるようになりました。

posted by kmtsk at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

Super80とLEVEL-D767をWindows7にインストールする際に、こちらのブログが大いに参考になりました。

ブログで書いていただいた内容と少し違う方法でしたが、おかげでうまく行きました。
ありがとうございます。

なお、私のホームページにやり方を書かせていただき、こちらへのリンクを貼らせていただきました。
もしリンクがまずかったら削除いたします。
Posted by Koin at 2013年12月08日 02:28
Koinさん、初めまして。

リンク先拝見しました。Level-dでもCD版だと問題があるのですね。

別な情報を見ると、二バイト文字列を考慮していないプログラムを作っているようだという話があるようです。

とにかくお役に立って何よりです。
Posted by kmtsk at 2013年12月08日 19:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック